カードローンをうまく使っていける情報をまとめてみます

カードローンとかあれこれを適当に綴っていきたい

金融機関

群馬銀行のカードローン「ナイスサポートカード」はスマホで楽々申し込み

投稿日:

群馬銀行ナイスサポートカード

ナイスサポートカードとは、群馬銀行が提供するカードローンの商品名です。
初めてお金を借りようと考えているのであれば、手続きや返済の不安もあると思います。

ナイスサポートカードはインターネットを使えば、来店不要で契約ができます。
専用のカードを使っての借り入れは、コンビニATMでも利用可能なので、お金に困った時は手軽に借り入れができるようになります。

使い道は自由

ナイスサポートカードは、満20歳以上65歳未満で、本人または配偶者に安定継続した収入があれば申し込みが可能です。
専業主婦や派遣社員などの非正規雇用でも、申し込みできます。

ナイスサポートカードは限度額の範囲内であれば、何度でもATMから現金を引き出せます。
そのため、様々な場面で活躍します。

ちょっとした現金が必要な時

急な飲み会があった時、割り勘ならカードではなく現金が必要になる場面が多いです。
ナイスサポートカードなら現金を引き出せるので、急な入用にも活躍します。

また、冠婚葬祭や急な出張など、予期せぬ出費があった時も、ナイスサポートカードが役立ちます。
群馬銀行ATMはコンビニとも提携しているので、遠出した時でも最寄りのコンビニで借り入れができるからです。

ちょっとまとまったお金が必要な時にも

車検があるのを忘れていたという時にも、使い道自由なナイスサポートカードでピンチを回避できます。
限度額の範囲内であれば使い道は自由なので、まとまった金額であっても借り入れはスピーディです。

ナイスサポートカードがあれば、ちょっとしたお金の入用からまとまったお金の入用まで、同じカード1枚で幅広くカバーできます。

申し込みはスマホで楽々

ナイスサポートは群馬銀行のカードローンですが、契約のために群馬銀行に来店する必要はありません。
パソコンやスマホから申し込みができ、契約手続きも同じくパソコンやスマホで完結します。

自宅に届いたカードを使って借り入れを行います。
カードは本人確認を伴った受け取りなので、家族などが受け取る心配も要りません。

申し込みの流れ

インターネットから申し込みをすると、審査結果はメールで届きます。
審査が不安という人もいるかもしれませんが、他社で借り入れをしている、過去にローン関連の滞納があるという理由などがなければ、審査はそれ程厳しくはないでしょう。
不安であれば借り入れできそうかがすぐにわかる「まずは5秒診断」を使えば、借り入れできそうかがすぐにわかります。

審査結果に問題がなければ、そのままWEB上で契約内容を確認し、承諾します。
契約後は本人限定受取郵便で専用のカードが届くので、カードを使って借り入れを行います。

アプリからも申し込みが可能

もしも免許証を持っていて、スマホから申し込みをするのであれば、「群馬銀行アプリ」からでもカードローンの申し込みが可能です。

アプリの方が申し込みも簡単なので、申し込み手続きの操作に不安があるならば、アプリを取ってしまった方が楽かもしれません。

返済の不安も解決

ナイスサポートカードで借り入れは簡単にできますが、安易に借り過ぎてしまうと返済の負担が心配です。
カードローンを利用する時は、計画的に返済できるかどうかも考えて借り入れをしていくべきです。

月々の返済額について

ナイスサポートカードの返済額は、限度額及び借り入れ額によって異なります。
限度額100万円以下の場合、借り入れ額10万円毎に3,000円返済額が上がります。
限度額100万円超の場合、借り入れ額10万円毎に2,000円返済額が上がります。

限度額100万円以内で借り入れ額も10万円以内であれば、毎月の返済額は3,000円で済みますが、借り入れ額が10万円を超えると月々の返済も6,000円に上がります。

ナイスサポートカードの返済方法

ナイスサポートカードの返済は専用のカードを使って、ATMから行います。
借り入れ同様、群馬銀行のATMもコンビニATMも返済に使えます。

返済は返済日の翌日から数えて35日以内に行います。
35日以内であれば、前回の返済日から多少前後しても構いません。
もちろん毎月給料日の25日に返済していくという方法でも問題はありませんし、返済日が決まっているカードローンよりも返済期日には余裕があります。

参考情報

群馬銀行ナイスサポートカード
https://www.gunmabank.co.jp/kojin/kariru/nicesup/nicesup1.html

 

 

-金融機関

Copyright© カードローンとかあれこれを適当に綴っていきたい , 2021 All Rights Reserved.