カードローンをうまく使っていける情報をまとめてみます

カードローンとかあれこれを適当に綴っていきたい

未分類

カードローンの申し込みでアリバイ会社は可能?

投稿日:

カードローンを利用したいと考えている場合、勤務先にバレたくないのでアリバイ会社を登録したいと考えている方もいます。

ですが、申し込み時にお客様から預かった情報は、信用情報を元に審査を行うため、偽った情報は必ずバレることになります。一度、偽った情報を提供すると履歴が残るため、また再度申し込みをしたいと思った時にも、こうした情報は反映されるようになります。きちんと正しい情報を提供することが何より大切になるので、アリバイ会社を利用することは避けるべきです。

カードローンを作る際には、必ず勤務先の会社名や年収、勤務年数など記載が必要になります。アリバイ会社は、こうした様々な条件をクリアするためにお客様側から依頼して、偽った情報をカードローン会社へ提供するように伝えると、アリバイ会社はサポートしてくれます。

利用限度額を増やすためにアリバイ会社へ依頼して年収や勤務年数など偽った情報を提供してもらうため、収入証明書を作成してもらうなど、様々なサービスを提供しているのがアリバイ会社です。

ですが、カードローンの審査の際には、必ずこうした情報はバレます。一度、アリバイ会社を利用するとブラックリストに載るなど、マイナス面も大きく出てきますし、今後の金融機関への影響も大きいため、アリバイ会社の利用は避けた方が良いです。

軽い気持ちで利用したいと思ったとしても、後々大変になるので、きちんと正しい情報を提供することがカードローンを作る時には大切なことです。

アルバイト・パート・派遣社員の方でも働いていることが条件となり、カードローンの申し込み対象になります。利用限度額についても、職業や勤務年数によって返済が可能かどうか、カードローン会社の方が判断しますし、やはり無理ない金額を借入と返済を行うことでバランスが取れるようになります。

カードローンの申し込み時に記載した会社名に在籍確認の電話があります。カードローン会社名を出さずに電話するので、会社の方にもバレることはありませんし、お客様方へ細心の注意を払って在籍確認を行うため、ご安心できます。アリバイ会社へ在籍確認の連絡も入るため、かなり厳しい状況になるのも確かです。

また、カードローン会社によっては、在籍確認の代替措置として勤務先の給与証明・保険証の提示を求められるます。アリバイ会社を利用した場合、保険証を偽って作成することはできませんし、かなり厳しいことがわかります。

-未分類

Copyright© カードローンとかあれこれを適当に綴っていきたい , 2018 All Rights Reserved.