カードローンをうまく使っていける情報をまとめてみます

カードローンとかあれこれを適当に綴っていきたい

カードローン

カードローンをコンビニ返済する!手数料を抑えるならマルチメディア端末を利用!

投稿日:

今では、カードローンもコンビニ返済が可能です。コンビニ返済といえば、コンビニATMを利用する方法を強くイメージします。コンビニATMのメリットは、ほぼ24時間365日利用できる点です。あくまで、完全なものではなく、システムメンテナンスなど一定時間もしくは特定の曜日は利用出来ないものの、時間さえ注意すれば特に不便さを感じるものではありません。

コンビニ返済を利用することで、銀行や大手消費者金融のカードローンは約定返済だけでなく、追加での返済も手軽に行うことができ、効率良く返済が行えるため、総返済額を抑えることも可能です。しかし、コンビニATMを利用したコンビニ返済については損をしてしまうこともあり、返済効率を悪化させてしまうこともあります。

コンビニATMの場合、あくまで提携ATMとなり、利用手数料が発生してしまいます。手数料は平日の日中は108円、金融機関の営業時間外なら216円となります。そして、休日になると216円となり、返済額から利用手数料が差し引かれるため、実質的な返済額は少なくなってしまうといったデメリットがあります。

例えば、毎月銀行口座から振替で返済される最低金額が2000円とし、余裕があるから同じ金額を返済しても、1892円または1784円の返済となってしまいます。その結果、翌月には108円または216円分の差額で利息が発生してしまい、繰り返すほど無駄な利息を返済することになってしまいます。

ですが、大手消費者金融の中にはコンビニ返済もATMを利用しない方法があります。それは、コンビニのマルチメディア端末を利用した返済であり、この方法を利用した場合はコンビニATMのように利用したが発生しません。

つまり、108円や216円分を無駄なく返済に充てることができ、より効率良く返済することも可能になっています。ですが、マルチメディア端末での返済に対応していない大手消費者金融もあるため、契約する際にはコンビニ返済かつマルチメディア端末の利用可否には注意することが重要です。

マルチメディア端末を使ったプロミスの返済方法|プロミス公式
https://cyber.promise.co.jp/APE00159.html

そのほか、銀行カードローンのコンビニ返済については、コンビニATMが提携かつ手数料が無料かどうかは無からずチェックすることをおすすめします。カードローンは借り入れする場合、ATMの利用手数料を気にするものの、返済時には手数用がどれだけ発生しているのか分かり難くくなっています。

先ずは、カードローンをコンビニ返済する際には公式ホームページで『但しご利用のATMによっては各種手数料がかかる場合があります』といった記載がある場合、生活圏内にあるコンビニATMのホームページを全て事前確認するのがおすすめです。

最寄のプロミスATMを検索するならこちら|カードローンタイム
https://www.cardloan-time.com/atmsearch/promise/

-カードローン

Copyright© カードローンとかあれこれを適当に綴っていきたい , 2018 All Rights Reserved.