カードローンをうまく使っていける情報をまとめてみます

カードローンとかあれこれを適当に綴っていきたい

カードローン

カードローンとクレジットカードの違いをちょっと調べてみた結果

投稿日:

クレジットカードで買い物をしてもお金をその場で支払うわけではありません。今手元に現金が無くても買い物ができるので、カードローンと似ているように感じますが大きく違いがあります。まずカードの発行元でも違いがあります。

クレジットカードを発行できるのはクレジットカード会社で、カードローンのカードは貸金業者になります。クレジットカード会社でもカードローンの取り扱いがありますが、その場合には発行するカードはローン専用で、クレジット機能は付いていません。

カードローンは、融資と呼ばれる商品になるのでお金を借りるものです。クレジットカードは、商品を購入するときにカード会社が商品の代金を一時的に立て替えてくれるので、お金を直接借りるわけではありません。

つまりカードローンは、利用することで直接自分の手元にお金を受け取りますが、クレジットカードは利用してもお金を手にすることがありません。また、クレジットカードではお金を立て替えてもらっても、支払回数によっては手数料や金利を支払う必要がありません。商品を購入するのに必要だったお金が、後日登録してある口座から引き落とされるだけです。

クレジットカードにも分割払いやリボ払いがあります。その場合には、購入した代金に対して金利も支払う必要があります。カードローンもお金を借りたら、毎月分割して返済していきます。同じように感じますが、2つは割賦販売法と貸金業法という違う法律によって営業されています。

商品を購入することとお金を借りることで、利用する目的も違うため関係してくる法律にも違いがあります。この法律によって利用するにあたって大きな違いがあります。カードローンを利用する場合、貸金業法が適用されるため総量規制の対象です。

総量規制によって、年収の3分の1以上のお金を貸し付けを行ってはいけません。利用する側からすると、いくらでもお金を借りられるわけではなく上限が決まっているのです。クレジットカードが対象になる割賦販売法では、総量規制の適用がないので利用金額の上限がありません。ただし、クレジットカードを作るときにカードの上限を設定します。

総量規制とは | 貸金業法について
http://www.0570-051-051.jp/contents/user/1-1.html

また、クレジットカードの種類で上限が定められているので、いくらでも買い物ができるわけではありません。クレジットカードにも、申し込みをして審査に通ればキャッシングが利用できます。キャッシングは貸金業法が適用されるので、扱いはカードローンと同じです。

-カードローン

Copyright© カードローンとかあれこれを適当に綴っていきたい , 2018 All Rights Reserved.